小腸の病気について学ぼう

小腸腫瘍・腸重積・腸閉塞・吸収不良症候群・クローン病

*

小腸イレウスとは?原因は何?治療法は手術だけなのか?

   

スポンサーリンク

最近、テレビや雑誌などで腸の環境について取り上げられていることが多いと思います。

それだけ腸がつかさどるものが分かって来ている証拠であり、腸内環境を良くする事で、免疫も上がり体の健康を維持することがしやすい状態になるのです。

腸の話題が沸騰して居る中、さまざまな腸の病気も耳にする事が増えていますが、その中に聞きなれない病名もあるかと思います。

「小腸イレウス」などはほとんどの方が聞いたことが無いのではないでしょうか?

「小腸イレウス」とは一体どんな病気なのでしょうか?原因や治療法などはどんなものがあるのでしょうか?

ireus

小腸イレウスとはどんな病気なのか?

「小腸イレウス」とは聞きなれたものに変換してしまうとすると、「腸閉塞」です。

食べたものは、胃から始まり消化吸収されて、便となって排出されますが、何かしらの原因で小腸に滞った状態が「腸閉塞」なのです。

そのままにしておくと腸がどんどん張ってくるために、腸の中の物が逆流して口の方向へ逆流してしまったりします。

吐き気や嘔吐、腹痛などもが現れる病気です。

スポンサーリンク

▶︎癒着性イレウスとは?原因や症状について!

小腸イレウスの原因とは?

「小腸イレウス」の原因は、腸の外側や内側に原因がある場合があります。

過去に開腹手術を経験して、そのせいで腸と腸がくっついて癒着してしまい、癒着部分から始まって腸がねじれてしまったり、腸が詰まる状態になることです。

腸の内側が原因の場合は、「大腸がん」などの原因による腸の閉塞があったり、便秘経口の人で便が硬くなったことで起こる腸閉塞とも考えられます。

▶︎癒着性イレウスの術後の癒着時期と介護や食事について!

小腸イレウスの治療方法とは?

原因によっては、手術以外の方法もあります。

まずは、胃腸を休ませ胃腸を回復させます。

症状が酷い場合は鼻から管を入れて、嘔吐の元になっている内容物をくみ上げて排出させます。

これで改善されますが、腸が詰まった原因が深刻な場合は再発が起こることが考えられます。

手術となると腸の癒着がまた増えてしまうことになるために極力は避ける方法が一般的です。

何度も腸閉塞が繰り返される場合のみ、手術が選択されたりします。

大腸がんの可能性もあるので、気になる症状がある場合は、病院で診てもらうことをお勧めいたします。

▶︎イレウス管で正常な排液の色や量は?減少していると異常なのか?

 - イレウス


スポンサーリンク




↓ ↓ ↓

今すぐ癌を早期発見する

  関連記事

胃の説明をする医師
術後イレウスとは?好発時期や原因について!

開腹手術を受けた後は一時的に腸管運動の減弱、 腸蠕動運動の消失、 排ガスの停止と …

odagiri
オダギリジョーと香椎由宇の子供が病気で亡くなった!絞扼性イレウスの恐怖

オダギリジョーさんと香椎由宇さんの 次男(1歳)が20日に亡くなりました。 …

Young woman is having stomach ache.
機械的イレウスとは?

腸内容物の通過障害が生じて 腸液・ガス・便などが腸内腔に充満し、 排便や排ガスが …

Focus shot of a surgical tray in an operating theater
絞扼性イレウスの手術・治療後の食事に気をつけるポイント!

保存的治療では治らないイレウス。 絞扼性イレウスは手術を必要とするイレウスです。 …

胃カメラ
イレウス管とは?目的や看護について!

腸管の閉塞が起きると、 閉塞部分より口側の腸管は通過障害のために拡張し、 腸液や …

シニア男性患者を見舞うシニア女性
イレウスの治療ガイドライン!術後は鎮静剤と点滴で生活?

イレウスは、 痙攣痛、嘔吐、重度の便秘、 排ガスの停止などの症状が現れる疾患です …

住宅のトイレ 
イレウス管で正常な排液の色や量は?減少していると異常なのか?

多くのイレウス治療で用いられるイレウス管。 イレウス管を挿入している間は、 排液 …

Sanfte Medizin im Verdauungstrakt - Infografik
単純性イレウスとは?

腸管内容物の肛門側への移動が障害されるイレウス。 イレウスは、 腸管内容物の通過 …

ireus
小腸の病気の種類!意外と知らない小腸の疾患について

スポンサーリンク 小腸の病気としてよく知られているのは、腸閉塞でしょう。 腸が詰 …

老人ホームで食事を準備する介護福祉士
癒着性イレウスの食事について!指導や療法はこちら!

食べ物が原因でイレウスになることがあります。   腸管の通過障害を起こ …