小腸の病気について学ぼう

小腸腫瘍・腸重積・腸閉塞・吸収不良症候群・クローン病

*

絞扼性イレウスの手術・治療後の食事に気をつけるポイント!

   

保存的治療では治らないイレウス。

絞扼性イレウスは手術を必要とするイレウスです。

多くのイレウスは保存的治療で治るとされています。

 

食事や飲水を中止して胃腸を休め、

十分な補液を行い、

それでも症状が改善されなければイレウス管を挿入して

腸管の減圧をはかるのが、

多くのイレウスの治療法です。

 

開腹手術を行うと、

手術自体が癒着の原因ともなることから、

日本ではイレウス管による治療が良く行われています。

 

スポンサーリンク

 

絞扼性イレウスで手術を受けたら

イレウス管による治療では

治らないのが絞扼性イレウスです。

 

腸管が捻れ、

腸に血行障害が起こるため、

緊急手術が必要になります。

 

イレウスが疑われる場合には、

腹部のX線検査、

超音波検査、

CT検査が行われます。

 

イレウスの検査では

絞扼性イレウスであるかないかの

区別をすることが非常に重要ですが、

この区別は時に困難とされています。

 

絞扼性イレウスが疑われ、

その疑いが晴れなければ手術に踏み切ることが求められます。

 

Focus shot of a surgical tray in an operating theater

 

絞扼性イレウスの手術は開腹手術です。

 

腸管がすでに壊死に陥っている場合には切除されます。

 

索状物がループ状に腸を

絞扼していても明らかな壊死がなく、

腸が充血している状態にとどまっている場合には、

腸切除は行われません。

 

絞扼を解除し、

周囲の癒着を剥離して手術は終了します。

 

スポンサーリンク

 

開腹手術の後では、

ガスが出ることが回復の一つの目安になります。

 

開腹手術の後は消化管の動きが低下するためです。

 

消化管の動きが低下すると、

腸内容物の肛門側への輸送が障害されます。

腸管内のガスも溜まります。

 

術後、

時間の経過とともに消化管の動きが改善すると、

ガスを肛門側へ押し出すことが可能となります。

 

傷口の痛みも軽快して力むことができるようになり、

ガスが出せるようになります。

 

退院後もしばらくの間は、

食べ過ぎないこと、

早食いはしないこと、

消化の良い物を食べることなどを心がけることが大切です。

 

また腸の中で発酵してガスを発生し、

腸管を刺激する食べ物は控えるようにしましょう。

 

豆類、芋類、カボチャ、

ゴボウ、栗、

バナナなどは腸内で

発酵して腸管を刺激しやすい食品です。

 

食べる時には少量にしてください。

 

1・2・・>>次のページへ

 - イレウス


スポンサーリンク




↓ ↓ ↓

今すぐ癌を早期発見する

  関連記事

胃カメラ
イレウス管とは?目的や看護について!

腸管の閉塞が起きると、 閉塞部分より口側の腸管は通過障害のために拡張し、 腸液や …

ireus
小腸イレウスとは?原因は何?治療法は手術だけなのか?

スポンサーリンク 最近、テレビや雑誌などで腸の環境について取り上げられていること …

Stomachache
痙攣性イレウスとは?

イレウスには、 腸管の神経障害や腸管内の血流の悪化によって 腸の蠕動運動が 悪化 …

Young woman is having stomach ache.
機械的イレウスとは?

腸内容物の通過障害が生じて 腸液・ガス・便などが腸内腔に充満し、 排便や排ガスが …

腰痛を訴える女性
絞扼性イレウスとは?

緊急手術が必要になるイレウスがあります。 絞扼性イレウスです。   腸 …

看護士
癒着性イレウスの術後の癒着時期と介護や食事について!

開腹手術では、 麻酔によって腸管の蠕動運動が 一時的に止められます。 &nbsp …

シニア男性患者を見舞うシニア女性
イレウスの治療ガイドライン!術後は鎮静剤と点滴で生活?

イレウスは、 痙攣痛、嘔吐、重度の便秘、 排ガスの停止などの症状が現れる疾患です …

Sanfte Medizin im Verdauungstrakt - Infografik
単純性イレウスとは?

腸管内容物の肛門側への移動が障害されるイレウス。 イレウスは、 腸管内容物の通過 …

胃 イラスト
食餌性イレウスとは?

食物が原因で引き起こされるイレウスがあります。 「食餌性イレウス」と呼ばれます。 …

Doctor Looking at X-Ray
サブイレウスとは?症状や原因について!治療法・看護・食事は?

腹痛、嘔吐、著しい便秘が見られたら、 多くは内科を受診することでしょう。 &nb …