小腸の病気について学ぼう

小腸腫瘍・腸重積・腸閉塞・吸収不良症候群・クローン病

*

クローン病の子供の症状について!サプリが効果的なのか?

   

クローン病の最も一般的な症状は腹痛と下痢です。

腹痛は下腹部の右側に生じることが多いようです。

 

下痢は繰り返され、

しばしば出血を伴います。

 

貧血に至ることも少なくありません。

 

ただし子供がクローン病に罹った場合には、

腹痛や下痢などの

胃腸症状は現れないこともあります。

 

現れた場合にも主要な症状ではないことが多いとされます。

 

スポンサーリンク

 

クローン病に罹った子供には

子供がクローン病に罹った時の

最も重大な問題は発育が遅れるということです。

 

関節の炎症、発熱、

貧血による疲れやすさなども、

子供のクローン病の主な症状となります。

 

クローン病に罹ったとしても

寿命が短くなることはないと言われています。

 

ただし、

長期間にわたって

消化管に炎症が起こることで癌が生じ、

癌になったことで死に至ることはあります。

 

Baby feeling confuse

 

今のところ、

クローン病は治らない病気だとされています。

 

治療はもっぱら症状の改善と

病気の管理を目的にした

投薬と食事療法が行われています。

 

高タンパク食品は消化が悪いので、

あまり摂らないように指導されます。

 

しかし、

たんぱく質は傷ついた

腸管の修復に必要なので、

アミノ酸をサプリメントとして

摂取するのが良いと言われています。

 

また、慢性の貧血がある場合には、

鉄のサプリメントを飲んだり

静脈投与することもあります。

 

スポンサーリンク

 

薬による治療

 

薬による治療では、

炎症を和らげることが最初に行われます。

 

下痢止め薬と抗炎症薬が処方されます。

 

下痢止め薬では、

神経系の特定の経路をブロックする

抗コリン作用を持つ薬がよく用いられます。

 

便を硬くして肛門の炎症を

防ぐ薬もしばしば用いられます。

 

抗炎症薬は大腸の炎症を軽減する目的で使われます。

 

ただし、

重症の再発例では症状の

緩和をあまり期待できません。

 

発熱や下痢を軽減し、

腹痛を緩和して体調を改善させるのに

効果的だとされるのがコルチコステロイド薬です。

 

しかしステロイド療法を

長期的に継続すると、

たいていの場合、

副作用が起こります。

 

朝鮮ニンジン・生姜・ラクトペプシン・

スティリンジアを決まった割合で混ぜ合わせた

ハーブが炎症を伴う腸の病気に

良く効くと勧める人もいます。

 

 

1・2・・>>次のページへ

 - クローン病


スポンサーリンク




↓ ↓ ↓

今すぐ癌を早期発見する

  関連記事

パン
クローン病の食事について!お菓子やレトルト食品は食べても大丈夫?

消化管に炎症がある時には 腹痛や下痢を起こし、 微熱が出ます。   身 …

crohn1
クローン病の治療はレミケード療法や注射投与が主流?

炎症性腸疾患の代表格クローン病。 消化管に原因不明の炎症が起きて下痢や腹痛、 血 …

Physician to notify the patient
クローン病の手術に迷いで決断が…全身麻酔になるのか?

クローン病で手術が緊急に必要とされるのは、 腸閉塞を起こしている場合、 大量に出 …

嘔吐下痢症
潰瘍性大腸炎やクローン病の食事について!

クローン病や潰瘍性大腸炎の人に適した食事作り5原則   クローン病や …

crohn3
クローン病の食事について!ヨーグルトやエレンタールを食べるの良い事?

クローン病の人の食事では守るべき3原則があります。   食物繊維を少な …

crohn4
クローン病の献立や食事について!オススメのレシピ本は何?

日本におけるクローン病の 難病登録患者数は1999年に18036人。 &nbsp …

真剣な表情の医師と患者
潰瘍性大腸炎やクローン病の治療薬や食事・患者数や検査方法は?

難治性の消化管の 慢性炎症性疾患であるクローン病と潰瘍性大腸炎。   …

ireus
小腸の病気の種類!意外と知らない小腸の疾患について

スポンサーリンク 小腸の病気としてよく知られているのは、腸閉塞でしょう。 腸が詰 …

看護士
クローン病の手術について!入院期間はどの位?

クローン病は腸壁に慢性的に炎症が起こる病気です。 発症すると、 生涯を通じて不規 …

廊下で倒れるビジネスマン
クローン病の治療についてのガイドラインは?仕事に支障は…

新薬の登場によって 治療の選択肢が広がってきたクローン病。   ただし …