小腸の病気について学ぼう

小腸腫瘍・腸重積・腸閉塞・吸収不良症候群・クローン病

*

小腸の病気の種類!意外と知らない小腸の疾患について

   

スポンサーリンク

小腸の病気としてよく知られているのは、腸閉塞でしょう。

腸が詰まって、内容物が先に進まない状態が、腸閉塞です。

イレウスとも呼ばれます。

腸閉塞以外で、どのような小腸の病気があるのでしょうか?

あらゆる種類の小腸の病気の中で、患者数がいたって少ない3種類をご紹介します。

ireus

10万人あたり1人以下の稀な病気である小腸腫瘍

小腸腫瘍は、全消化器がんの2%程度の発生率です。

人口あたりの統計では、10万人あたり1人以下になります。発生頻度が低い病気です。

ただし、悪性度は高く、腫瘍のうち、約60%はがんです。

小腸悪性腫瘍としては、腺癌、平滑筋肉腫(GIST)、神経内分泌腫瘍(カルチノイド)、悪性リンパ腫などが認められます。

主な症状は、腹部腫瘤、イレウス症状、下血、貧血、腹痛などです。

消化管を精査して、原因疾患が同定できない場合に、小腸腫瘍の可能性が検討されます。

治療方法は、腺癌、GIST、カルチノイドは、原則として手術が、第一選択になります。悪性リンパ腫に対しては、手術は限局性のものに限られます。

→小腸炎とは?症状や原因治療方法について!入院の際の食事は・・・

シルクロード病とも呼ばれるベーチェット病

患者が多い地域が、シルクロードに沿った土地であることから、「シルクロード病」とも呼ばれるのが、ベーチェット病です。

日本では、北海道と東北に患者が多いとされています。

男女差は、ほとんどありません。

発症のピークは、30歳代です。

ベーチェット病の症状は、口腔粘膜のアフタ性潰瘍、外陰部潰瘍、皮膚症状、眼症状の4つが主になりますが、第5の症状として、腸管に潰瘍を起こす場合があります。

腸管に潰瘍が生じたのを、腸管型ベーチェットと言います。

軽症の場合は、無症状のことがあります。回盲部に好発するため、右下腹部痛を伴うことが多いとされます。

慢性下痢、血便、体重減少などが、主な症状です。

潰瘍が悪化して、穿孔した場合は、手術をすることがあります。

スポンサーリンク

→虚血性小腸炎・ウイルス性小腸炎・潰瘍性小腸炎のそれぞれの特徴!

根本的な治療法がまだ無いクローン病

原因不明の病気の1種類が、クローン病です。

遺伝的要因とそれに基づく腸管での異常な免疫反応が、関与しているのではないかと考えられていますが、解明中です。

患者は、人口10万人あたり約27人。

20歳代に最も多いとされています。

口から肛門までの全消化管のどこかに症状が現れる慢性炎症性疾患です。

腸管全ての層に炎症が起きるのが、特徴です。

小腸が障害されると、体重減少が見られます。

他には、腹痛、下痢、血便などが、症状として現れます。

根本的な治療法が無いのが、現状です。

腸管の炎症を抑えるために栄養療法と薬物療法が行われます。

クローン病の治療中は、低脂肪な食事を摂るように指導されます。

→小腸イレウスとは?原因は何?治療法は手術だけなのか?

 - イレウス, クローン病, 小腸腫瘍


スポンサーリンク




↓ ↓ ↓

今すぐ癌を早期発見する

  関連記事

看護士
癒着性イレウスの術後の癒着時期と介護や食事について!

開腹手術では、 麻酔によって腸管の蠕動運動が 一時的に止められます。 &nbsp …

crohn1
クローン病の治療はレミケード療法や注射投与が主流?

炎症性腸疾患の代表格クローン病。 消化管に原因不明の炎症が起きて下痢や腹痛、 血 …

crohn4
クローン病の献立や食事について!オススメのレシピ本は何?

日本におけるクローン病の 難病登録患者数は1999年に18036人。 &nbsp …

排便 便秘 高齢者 男性
麻痺性イレウスと脊髄損傷の関係は?術後の介護計画について!

現在、 日本には10万人以上の 脊髄損傷患者がいるとされています。   …

絶望
潰瘍性大腸炎とクローン病の違いや相違点について比較してみた!

クローン病と潰瘍性大腸炎を合わせて 「炎症性腸疾患」と呼ぶことがあります。 &n …

胃 イラスト
食餌性イレウスとは?

食物が原因で引き起こされるイレウスがあります。 「食餌性イレウス」と呼ばれます。 …

嘔吐下痢症
潰瘍性大腸炎やクローン病の食事について!

クローン病や潰瘍性大腸炎の人に適した食事作り5原則   クローン病や …

Physician to notify the patient
クローン病の手術に迷いで決断が…全身麻酔になるのか?

クローン病で手術が緊急に必要とされるのは、 腸閉塞を起こしている場合、 大量に出 …

胃の説明をする医師
術後イレウスとは?好発時期や原因について!

開腹手術を受けた後は一時的に腸管運動の減弱、 腸蠕動運動の消失、 排ガスの停止と …

診察をする女医
急性膵炎と麻痺性イレウスの関係は?

麻痺性イレウスは、腸管の動きが鈍くなり、 排便が困難になることによって起こる病気 …