小腸の病気について学ぼう

小腸腫瘍・腸重積・腸閉塞・吸収不良症候群・クローン病

*

大腸憩室症から癌化する可能性は?痛み等について!

   

スポンサーリンク

大腸の病気は、自覚症状が無いものもあります。

比較的ありふれた病気と言われる大腸憩室症も、症状が無いまま経過することが多い病気です。

しかし、炎症を起こすと痛みが起こり、入院が必要になります。

退院後、大腸の検査をする時、医師から、「大腸ガン検査を兼ねて大腸カメラをしましょう」と言われることも。

大腸憩室症は、癌化する可能性があるのでしょうか?

stomach

食生活の欧米化の影響がみられる大腸憩室症

憩室とは、腸管の内壁の一部が外側に向かって風船状に飛び出したものです。

憩室の大きさも数も、さまざまです。

大きさは、直径2.5ミリメートルくらいから2.5センチメートルくらいまで。

数も人によってさまざまで、憩室が大腸に複数できている場合を、大腸憩室症と言います。

大腸憩室症は、以前は、欧米人に多く、日本人にはあまり見られない病気とされていました。

しかし、近年は、増加しています。特に都市部に多いとされる病気です。

増加の背景には、食生活の欧米化が影響していると言われています。

特に密接な関係があると指摘されているのは、食物繊維の摂取量です。

食物繊維の摂取量が減少したことと、大腸憩室症の発症は、密接に関係していると言われています。

憩室は、大腸のどこにでもできる可能性がありますが、日本人の場合は、盲腸付近や上行結腸など、大腸の右側にできやすい傾向がありました。

しかし、近年は、欧米人と同様、大腸の左側にできる憩室が増えています。

憩室ができやすい部位の変化にも、食生活の欧米化が影響しているとされています。

スポンサーリンク

→大腸憩室症とは?どんな症状や異常がみられるのか?

大腸憩室症が癌化することはない

憩室には、2種類あります。

腸壁そのものが飛び出す真性憩室と、腸壁の筋層の隙間から腸粘膜が飛び出す仮性憩室です。

大腸憩室症のほとんどは、仮性憩室です。

仮性憩室は、腸管の内圧が上昇するのに伴い、大腸壁の筋肉層の弱い部分、たとえば、血管の部分などが、腸壁を貫いて、腸粘膜が飛び出して憩室を作ると考えられています。

腸粘膜を飛び出させる原因となるのは、大腸の内圧が上昇するためです。

なぜ、内圧が上昇するのか?大腸の内圧の上昇に関わるのが、肉食の増加だとされています。

食生活が欧米化して肉食が増え、食物繊維の摂取量が減ると、便秘になったり、腸管の攣縮が強くなったりします。

腸管の攣縮が強くなることで、結果として、大腸の内圧が上昇すると考えられています。

憩室内に便が溜まり、出血や炎症を引き起こしたのが、憩室炎です。

憩室炎を発症すると、下腹部が急に痛み、痛みが周期的に続き、下痢を起こします。

時間が経つと、発熱します。

このような症状が見られたら、入院が必要になります。

絶食、輸液、抗生剤の投与を数日続けることになります。

退院後は、憩室の状態の確認のために、大腸カメラをすることが少なくありません。

その際、医師から、「大腸ガン検査を兼ねて」と言われることが多いため、大腸憩室症は癌化するのかと不安に駆られる人が多いようです。

大腸憩室症は、良性の疾患です。癌化することはありません。

ただし、大腸憩室がある人は、普段の食生活で食物繊維の摂取量が不足していることが多く、食物繊維の摂取量が少ない人は、大腸ポリープや大腸ガンが多いとされています。

そのため、憩室炎で治療を受けた人には、憩室のフォローをするついでに大腸全体を観察して、癌化する可能性があるポリープの有無を調べることが、通常の流れになっています。

→大腸がんの初期と末期の症状は?腹痛や腰痛・下痢も!ガスが溜まる原因は?

 - 大腸憩室症


スポンサーリンク




↓ ↓ ↓

今すぐ癌を早期発見する

  関連記事

daichou
大腸憩室症とは?どんな症状や異常がみられるのか?

スポンサーリンク 自覚症状が乏しい病気は、少なくありません。 そのような病気の1 …