小腸の病気について学ぼう

小腸腫瘍・腸重積・腸閉塞・吸収不良症候群・クローン病

*

転移性小腸腫瘍とは?

   

消化管に発生した悪性腫瘍のうち、

他の臓器の悪性腫瘍が腸管壁に転移して浸潤、

発育したものを消化管転移性腫瘍と言います。

 

消化管転移性腫瘍の多くは、

手術中に偶然発見されたり、

悪性腫瘍の末期に全身的な転移の一部現象として

見られたりするというのが実情です。

 

中でも小腸腫瘍は重篤な合併症を起こして

初めて気づかれるということが未だに多い疾患です。

 

スポンサーリンク

 

転移性小腸腫瘍とは

消化管転移性腫瘍のうち、

最も頻度が高い部位が小腸です。

 

ただし小腸腫瘍の場合には

小腸が原発臓器であるケース

最も多いとされています。

 

他の研究チームの報告によると、

他の臓器からの転移では、胃29.1%、

大腸28.2%、膵臓14.5%、子宮12.8%、

卵巣9.3%、肺9.3%との報告があります。

 

他の臓器からの小腸腫瘍では

腹部臓器からの転移が90.7%を

占めているとの報告もあります。

 

内臓消化器

 

小腸に転移する確率が高い

悪性腫瘍の原発部位は、

近隣臓器や腹腔内臓器が多いと言えます。

 

剖検例の転移性小腸腫瘍は、

胃がんや膵臓がんを代表とする

腹腔内臓器の悪性腫瘍が播種性転移もしくは

直接浸潤の形で転移する場合が多いとされています。

 

また腹部臓器からの転移が

確認された症例のほとんどは

小腸へ連続した浸潤性の

転移であるとも言われています。

 

スポンサーリンク

 

遠隔転移をきたしやすいことで

知られる肺がんについては、

消化管への転移は比較的少ないとされています。

 

剖検例で肺がんからの転移と確認されたケースは、

胃が4.5%、小腸が5.6%、

結腸・直腸・虫垂に転移したのが

3.1%との報告もあります。

 

肺がんが小腸に遠隔するケースは多くないと言えます。

 

ただし転移性小腸腫瘍の

原発病巣としての肺がんは、

腹部臓器以外の

原発巣として重要な位置を占めます。

 

肺がんの組織型では大細胞がんは少ないとされています。

 

その大細胞がんが

小腸に転移しやすいということも

分かってきました。

 

カプセル内視鏡や

ダブルバルーン内視鏡の登場によって

小腸腫瘍の診断は急速に進歩してきました。

 

しかし小腸腫瘍は腫瘍が

増大して重篤な合併症を起こしてから

診断されることが依然として多い疾患です。

 

手術中に偶然発見されることも少なくありません。

 

剖検例の積み重ねによって、

小腸腫瘍の実態が解明されることが望まれます。

 

1・2・・>>次のページへ

 - 小腸腫瘍


スポンサーリンク




↓ ↓ ↓

今すぐ癌を早期発見する

  関連記事

Young man drunk or sick vomiting
単純性イレウスの主な原因は小腸腫瘍なのか?

小腸腫瘍は極めて稀な疾患です。 全消化管腫瘍に占める 小腸腫瘍の割合は3~6%に …

腸 イラスト
小腸腫瘍の症状は?鑑別診断後に治療手術の流れ?

小腸腫瘍の頻度は 全消化管腫瘍のおよそ3~6%です。   小腸には40 …

検診をする医師
小腸腫瘍の頻度は?

小腸は長さでは消化管の75%を、 粘膜面積では消化管の90%を占めるとされていま …

ireus
小腸の病気の種類!意外と知らない小腸の疾患について

スポンサーリンク 小腸の病気としてよく知られているのは、腸閉塞でしょう。 腸が詰 …

young asian woman and dog lifestyle image
犬の小腸腫瘍について

小腸腫瘍は人間でも見つかりにくい病気です。 手術中にたまたま小腸腫瘍が 発見され …