小腸の病気について学ぼう

小腸腫瘍・腸重積・腸閉塞・吸収不良症候群・クローン病

*

消化管出血とは?症状や原因について!治療や看護方法のポイントは?

   

消化管からの出血は主に吐血、

下血などの症状として現れます。

 

吐血とは、

消化管から出血した血液成分を嘔吐することを言い、

出血源は通常上部消化管とされています。

 

下血とは、

消化管から出血した血液成分や

黒色便を肛門から排出することを言い、

上部・下部すべての消化管からの

出血で起こりうるとされています。

 

スポンサーリンク

 

消化管出血の初期対応

消化管出血が見られた場合、

全身状態を迅速に把握して

全身状態を維持するのに必要な治療を行うことが大切です。

 

消化管出血の診断には多くの場合、

内視鏡検査が必要となりますが、

出血源が上部消化管なのか、

下部消化管なのかの判断は

検査に臨む前に下しておくことが求められます。

 

大量の吐血では食道静脈瘤の破裂が疑われます。

 

血を吐く女性

また、

新鮮血の吐血や胃管から新鮮血を吸引した場合には

上部消化管からの活動性出血が疑われます。

 

出血性ショックを伴うような活動性出血は、

ほとんどが上部消化管からの

出血と考えて良いと言われています。

 

下部消化管出血ではショックを伴うような

出血の頻度は少ないとされています。

 

典型的な出血性ショックの症状としては、

顔面蒼白、冷汗、脈拍触知不能、

呼吸不全などが知られています。

 

しかし、

血圧低下や心拍数の上昇があれば

ショック状態を疑う必要があるとされています。

 

体重70kgの成人で1500mL以上の

出血が見られれば出血性ショックに陥ると言われます。

 

高齢者や小児ではさらに少ない出血量でも

ショック状態に陥る危険性があります。

 

スポンサーリンク

 

消化管出血の対応

大量の消化管出血に対しては、

血管確保の際に輸血を想定して

太いルートをできれば2本以上取る方が良いと言われています。

 

初期対応としては細胞外液の輸液を開始しますが、

1000~2000mLの初期輸液

状態が安定しないようなら輸血が必要になります。

 

バイタルサインはおおむね5分ごとに計測して

持続的なモニタリングを行うことが大切です。

 

出血性ショックを伴う場合には、

一旦ショック状態が回避できても

再出血が起こる可能性が高いとされています。

 

必要であれば、

内視鏡的な止血を行うことが望ましいとされます。

 

1・2・・>>次のページへ

 - 消化管出血


スポンサーリンク




↓ ↓ ↓

今すぐ癌を早期発見する

  関連記事

人の体内
消化管出血の症状は?食事やカリウムの上昇について!

血液検査を受けたところ、 カリウムの数値が高かったということはしばしばあります。 …

洋式のトイレとビジネスマン
消化管出血で尿素窒素(BUN)が上昇するのは?治療や貧血の心配は?

腎臓の機能が正常かどうかを判断する検査に BUNというのがあります。 Blood …

Frau mit Schmerzen am After
上部消化管出血とは?原因や症状・タール便について!

食物を摂取して消化吸収した後に 排泄するための臓器が消化管です。   …

toilet doors for male and female genders
上部消化管出血でBUNが上昇!CR比について!

消化管出血の診断に有用とされているのが内視鏡検査です。   内視鏡検査 …

胃痛 男性患者 医師
下部消化管出血の部位や頻度は?タール便ってなに?

十二指腸と小腸の境目より肛門側で出血した場合、 腸管に通過障害が無い限り 下血と …

close up of old man with pills and water glass
上部消化管出血の観察項目!治療はPPIと食事療法?

抗血小板薬は脳梗塞の治療に 欠かせないものとされています。   抗血小 …

胃カメラで原因を見つけるドクター
上部消化管出血と下部消化管出血!

消化管出血では、 吐血、黒色便、 血便などの症状が現れます。   慢性 …

menstruation pain or stomach ache on bed
消化管出血で肝硬変がおこるのか?

上部消化管出血でことに注意を要するのが、 肝硬変によるものです。 命にかかわる消 …