小腸の病気について学ぼう

小腸腫瘍・腸重積・腸閉塞・吸収不良症候群・クローン病

*

下部消化管出血の部位や頻度は?タール便ってなに?

   

十二指腸と小腸の境目より肛門側で出血した場合、

腸管に通過障害が無い限り

下血として排出されます。

 

吐血となることはありません。

 

下血は出血部位や出血量によって

黒色のタール便と赤い鮮血便に分けられます。

 

黒色のタール便は、

主に上部消化管からの出血によりますが、

盲腸や上行結腸からの出血でも

黒色となることがあります。

 

横行結腸以下の出血では

肛門に近づくほど鮮紅色の血便となります。

 

新鮮血の排出が見られ、

便の表面に付着する時にはさらに下部のS状結腸、

直腸や肛門からの出血が考えられます。

 

粘血便とは、

肉眼ではっきりと分かるくらいの

粘液と血液が混入している便で、

大腸粘膜の炎症や潰瘍性変化によって起こります。

 

スポンサーリンク

 

下血の実態解明への期待

下血の原因は4つに分けられます。

 

1.腫瘍性ポリープや癌

2.炎症性クローン病、潰瘍性大腸炎、感染性腸炎や薬剤性腸炎など

3.血管性虚血性大腸炎や痔など

4.その他大腸憩室など

 

下部消化管の急性出血は稀な病態ではなく、

欧米での疫学調査では入院を必要とする

下部消化管出血は

1年間に人口10万人当たり21人と報告されています。

 

胃液という攻撃因子の無い大腸においては

大腸憩室からの出血が

42~56%と多くを占めていると言われます。

 

日本でも食生活の欧米化が進み、

大腸憩室による出血例が増えてきたとされます。

 

スポンサーリンク

 

ただし日本における下部消化管出血の疫学調査は

ほとんど報告されていないのが実情です。

 

一部の医療機関からの報告によると、

緊急大腸内視鏡検査で最も多かったのは

虚血性大腸炎だとのことです。

 

近年、内視鏡検査の精度は向上してきました。

 

緊急内視鏡検査も普及してきました。

 

日本で消化管出血の疫学調査が進まない背景には、

統計の対象となる医療施設の性格が異なることや

出血の定義が異なることなどがあるとの指摘もあります。

 

そうした問題点を解決して

下部消化管出血の疫学調査が進み、

下血の実態の解明が一層進むことが望まれます。

 

1・2・・>>次のページへ

 - 消化管出血


スポンサーリンク




↓ ↓ ↓

今すぐ癌を早期発見する

  関連記事

洋式のトイレとビジネスマン
消化管出血で尿素窒素(BUN)が上昇するのは?治療や貧血の心配は?

腎臓の機能が正常かどうかを判断する検査に BUNというのがあります。 Blood …

close up of old man with pills and water glass
上部消化管出血の観察項目!治療はPPIと食事療法?

抗血小板薬は脳梗塞の治療に 欠かせないものとされています。   抗血小 …

toilet doors for male and female genders
上部消化管出血でBUNが上昇!CR比について!

消化管出血の診断に有用とされているのが内視鏡検査です。   内視鏡検査 …

Frau mit Schmerzen am After
上部消化管出血とは?原因や症状・タール便について!

食物を摂取して消化吸収した後に 排泄するための臓器が消化管です。   …

menstruation pain or stomach ache on bed
消化管出血で肝硬変がおこるのか?

上部消化管出血でことに注意を要するのが、 肝硬変によるものです。 命にかかわる消 …

人の体内
消化管出血の症状は?食事やカリウムの上昇について!

血液検査を受けたところ、 カリウムの数値が高かったということはしばしばあります。 …

胃カメラで原因を見つけるドクター
上部消化管出血と下部消化管出血!

消化管出血では、 吐血、黒色便、 血便などの症状が現れます。   慢性 …

血を吐く女性
消化管出血とは?症状や原因について!治療や看護方法のポイントは?

消化管からの出血は主に吐血、 下血などの症状として現れます。   吐血 …