小腸の病気について学ぼう

小腸腫瘍・腸重積・腸閉塞・吸収不良症候群・クローン病

*

上部消化管出血でBUNが上昇!CR比について!

   

消化管出血の診断に有用とされているのが内視鏡検査です。

 

内視鏡検査を行う際は、

患者がショック状態を離脱して

全身状態が安定することが原則とされています。

 

しかし臨床現場では

ショック状態を伴うような場合には、

仮に一旦ショック状態を

回避できても再出血が起こる危険性は高く、

早急に内視鏡的な止血が

必要になることもしばしばあります。

 

スポンサーリンク

 

内視鏡を行う判断材料としてのBUN高値

日本消化器内視鏡学会の内視鏡ガイドラインでは、

動脈性出血など止血しない限り

ショックから離脱し得ないような場合は、

急速輸血やモニタリングなど

全身管理を厳重に実施しながら

緊急内視鏡に踏み切る考え方が

強くなっていることを指摘しています。

 

特に上部消化管出血では、

できるだけ早急に内視鏡検査を行って出血源を特定し、

必要であれば内視鏡的な止血を行うことが望ましいとされています。

 

toilet doors for male and female genders

 

緊急内視鏡に踏み切る判断材料の一つにBUNがあります。

BUNは血液尿素窒素のことで、

腎機能を確認するのに使われる検査です。

 

BUNは腎糸球体濾過率が

30%前後に低下してはじめて上昇すると言われるため、

腎機能のスクーリングとしては

クレアチニンと併せて測定しBUN/Cre比の値で

上部消化管出血の可能性を検討します。

 

スポンサーリンク

 

BUNとCreの比は正常では10前後とされます。

 

BUN/Creが10を超えるとタンパク異化亢進、

脱水などとともに上部消化管出血の疑いが出てきます。

 

20以上の時には上部消化管出血や脱水が疑われます。

 

食道、胃、

十二指腸と言った上部消化管からの出血では

BUN/Creが20を超えるケースが

非常に多いとする報告もあります。

 

また平均値の比較では、

食道が胃や十二指腸よりも

有意に高いとの指摘もあります。

 

BUN/Creが30以上の症例は

上部消化管由来の出血である

可能性が極めて高いと言われています。

 

BUNを用いて出血量を推定することも可能とされています。

 

BUN40mg/dlでCreが正常であれば

1000ml 以上の出血が考えられると言われています。

 

そのような場合には、

全身管理を厳重に実施しながら

緊急内視鏡に踏み切ることが求められます。

 

1・2・・>>次のページへ

 - 消化管出血


スポンサーリンク




↓ ↓ ↓

今すぐ癌を早期発見する

  関連記事

menstruation pain or stomach ache on bed
消化管出血で肝硬変がおこるのか?

上部消化管出血でことに注意を要するのが、 肝硬変によるものです。 命にかかわる消 …

人の体内
消化管出血の症状は?食事やカリウムの上昇について!

血液検査を受けたところ、 カリウムの数値が高かったということはしばしばあります。 …

Frau mit Schmerzen am After
上部消化管出血とは?原因や症状・タール便について!

食物を摂取して消化吸収した後に 排泄するための臓器が消化管です。   …

胃カメラで原因を見つけるドクター
上部消化管出血と下部消化管出血!

消化管出血では、 吐血、黒色便、 血便などの症状が現れます。   慢性 …

close up of old man with pills and water glass
上部消化管出血の観察項目!治療はPPIと食事療法?

抗血小板薬は脳梗塞の治療に 欠かせないものとされています。   抗血小 …

洋式のトイレとビジネスマン
消化管出血で尿素窒素(BUN)が上昇するのは?治療や貧血の心配は?

腎臓の機能が正常かどうかを判断する検査に BUNというのがあります。 Blood …

血を吐く女性
消化管出血とは?症状や原因について!治療や看護方法のポイントは?

消化管からの出血は主に吐血、 下血などの症状として現れます。   吐血 …

胃痛 男性患者 医師
下部消化管出血の部位や頻度は?タール便ってなに?

十二指腸と小腸の境目より肛門側で出血した場合、 腸管に通過障害が無い限り 下血と …