小腸の病気について学ぼう

小腸腫瘍・腸重積・腸閉塞・吸収不良症候群・クローン病

*

潰瘍性大腸炎の薬の効き目!一生薬や市販薬を飲まないと悪化してしまうのか?

   

潰瘍性大腸炎の治療方法

 

スポンサーリンク

 

潰瘍性大腸炎では、基本的に薬物治療などの内科療法と食事内容を整える食事療法で治療を行っていきます。

あまりに重症化している場合、外科的な治療を行うこともありますが、ほとんど事例はありません。

潰瘍性大腸炎でよく使われるのが5-ASA製薬と呼ばれる薬です。

サラゾスルファピリジン(サラゾピリン)メサラジン(ペンタサ、アサコール)といった薬があります。

経口や座薬で投与され、炎症を抑える効果があります。

下痢や下血も抑えることができます。

これを服用することで、再燃予防にもつながるため寛解状態でも飲み続けるように処方されます。

もっと炎症がひどい場合には、ステロイド剤が使われることがあります。

経口、座薬、浣腸、注射などで投与され、強力に炎症を抑えることができます。

副作用があるため、長期にわたって使用することはあまりありませんし、再燃を予防する効果もありません。

基本的にはこの2種類の薬と生活習慣の見直しで、2ヶ月程度で寛解状態になることができます。

しかし、中にはステロイド剤が効かない人もいて、そういった人には血球成分除去療法、免疫調整・抑制薬、抗TNFa受容体拮抗薬などを使用することもあります。

intestine

▶︎潰瘍性大腸炎の初期症状を診断チェック!腰痛や粘血便について!

 

薬はいつまで続ける必要があるのか

 

スポンサーリンク

潰瘍性大腸炎は今のところ完治しない病気で、常に再燃の可能性を秘めています。

そのため、症状が出なくなっても5-ASA製薬を飲み続けるように指導されることが多いです。

寛解状態になっても数年間は、予防のために薬の服用を続けましょう。

また、調子がいいからと言って、自己判断で薬を止めてしまうのはやめましょう。

潰瘍性大腸炎の経過は個人差があり、薬を続けなくても寛解状態が維持できるという人もいます。

しかし、多くの場合、一度症状がおさまったあと長期に症状が出ないときには、潰瘍性大腸炎ではなかったということが考えられます。

潰瘍性大腸炎は診断が簡単というわけではないため、別の疾患だったということもあり得ます。

一生薬を飲み続けるかどうかは経過や治療方針にもよるので、一概にはいえませんが、再燃予防のために数年間は薬を飲み続けるものだと思って治療に臨みましょう。

▶︎潰瘍性大腸炎再燃のきっかけや期間は?食事や症状・治療法について!

 - 潰瘍性大腸炎


スポンサーリンク




↓ ↓ ↓

今すぐ癌を早期発見する

  関連記事

intestine
潰瘍性大腸炎の原因はストレスそれとも牛乳なのか?

近年、大腸による病気で命を落とす方が多くなりました。 そんな中、突如として血便、 …

a young female touching her belly as stomachache
潰瘍性大腸炎再燃のきっかけや期間は?食事や症状・治療法について!

潰瘍性大腸炎は「再燃」する病気!  

intestine
潰瘍性大腸炎の症状や食事やレシピ!ヨーグルトはOK!コーヒーはNG!

最近、腸内環境が体に様々な影響を与える事が分かっており、 テレビや雑誌などで多く …

intestine
潰瘍性大腸炎はどういうきっかけで再燃する?薬は飲まないとダメ⁈

潰瘍性大腸炎は難病の指定を受けている慢性疾患です。 主として大腸の粘膜を侵し、し …

wakatsukichinatsu
若槻千夏が苦しんだ潰瘍性大腸炎とは?症状や治療法について

 http://matome.naver.jp/odai/21376311123 …

takahashimearijun
高橋メアリージュンがブログで告白した病気!潰瘍性大腸炎の症状は?

モデルを中心に女優としても活躍する高橋メアリージュン。 6月29日に高橋が自身の …

asian man in white t-shirt suffering from stomachache
潰瘍性大腸炎の初期症状を診断チェック!腰痛や粘血便について!

厚生労働省に難病指定されている「潰瘍性大腸炎」 潰瘍性大腸炎は、大腸や小腸の粘膜 …