小腸の病気について学ぼう

小腸腫瘍・腸重積・腸閉塞・吸収不良症候群・クローン病

*

直腸がん手術方法と入院期間について

   

ここ近年、直腸がんにより亡くなる方が増えています。

痛みなどの症状が無いため、なかなか早期発見出来ない恐ろしい場所です。

直腸がんになってしまった場合は手術方法はどのようなものになるのでしょうか?入院期間も含めて検証してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

結腸がんより直腸がんの方が手術が難しい

直腸とは、大腸の中で肛門に最も近い部分の肛門から20センチの大腸の部分のことを言い、骨盤などの骨に囲まれた部分でも有り、そして子宮、膀胱、前立腺などが周囲に有るために、結腸がんよりも大変難しい手術と言われています。

その為に、手術を行う前に様々な検査を行って、可能な限り正確に把握するようにしています。

intestine
▶︎大腸がんの検査方法は検便やCT!結果が陽性の場合は内視鏡へ !

 

直腸がんの手術方法とは?

肛門からがんまでの距離が有る場合は「括約筋温存手術」という手術を行います。

がんのある場所から肛門側2センチほどを切除して残った腸を繋ぎ合わせる手術です。

この手術を行う事で肛門が残されるので手術後も通常の排便が可能です。

しかし、便をとどめて置く場所で有る直腸を切除してしまって居るために、何回もトイレに行きたくなったり、1回の便の量が少なくなったり、急に便意をもよおしたりしてしまいます。

肛門に近い場所に出来てしまったがんは、「直腸切断術」と言う手術を行います。

がん細胞から十分な安全な領域を確保して切除しなければならないために、肛門括約筋を一緒に切除して、人工肛門をつけます。

この手術は術後に通常の排便が出来なくなるためにショックもでかく、ここ近年見直されてきています。

そのため近年では、肛門を残すために手術法が進歩し、「内肛門括約筋切除術」という手術が行われています。

しかし、がんを取り残す可能性が有る術式になります。

 

スポンサーリンク

 

▶︎小腸がん末期の余命と治療方法!ステージ4だと助からない?

 

入院期間は?

入院期間は手術内容や症状によって異なります。

2週間ほどで退院できる人も居れば、1ヶ月かかる人も居ます。

本格的に体を動かすことを考えたら1ヶ月以上の休養は不可欠だと言えるかもしれません。

直腸がんは年々増えています。

気になる方は、きちんと定期的に検診へ行きましょう。

 

▶︎中村紘子の体調不良の原因は大腸がんだった!ステージや容体について!

 - 直腸がん


スポンサーリンク




↓ ↓ ↓

今すぐ癌を早期発見する

  関連記事

Stomach ache, man placing hands on the abdomen
直腸がんの症状をチェック!痛みや出血について!

大腸がんは、他の消化器がんに比べると、根治率は高いとされています。 早期に発見す …