小腸の病気について学ぼう

小腸腫瘍・腸重積・腸閉塞・吸収不良症候群・クローン病

*

直腸がんの症状をチェック!痛みや出血について!

   

大腸がんは、他の消化器がんに比べると、根治率は高いとされています。

早期に発見すれば、ほぼ治ると言っても良いほどです。

しかし、がんで常に上位に入っているのが、大腸がん。

それほど急速に患者数が増えていることの表れと言えるでしょう。

大腸がんの中でも患者数が多いとされる直腸がんでは、どのような症状が現れるのでしょうか?症状を知って、早期に受診につなげたいものです。

 

スポンサーリンク

 

初期にはほとんど痛みを感じない

Stomach ache, man placing hands on the abdomen
大腸がんは、がんができる部位によって、結腸がんと直腸がんに分けられます。

発症率は、ほぼ同じ程度。直腸は、大腸末端の15cm程度で、大腸全体の10%にあたります。

その限られた部位に、大腸がんの約半数が出来ます。がん発症の割合が高い部位だと言えるでしょう。

がんが結腸にできた場合は、初期から腹痛が見られることが多いとされています。

結腸がんの約80%は、初期症状として、さしこむような腹痛を伴うと言われています。

しかし、がんが直腸にできた場合、気になるような腹痛は、ほとんど感じられません。

このことが、直腸がんの発見を遅くしています。

腫瘍が大きくなると、直腸がんでも痛みを感じるようになります。

ただし、腹痛という感じとは異なることが多いようです。

痛むのは、肛門の奥や臀部。

鈍痛や放散痛とされています。腫瘍がさらに大きくなると、直腸の狭窄が進んで、腹部膨満感や腹痛を感じるようになります。

さしこむような痛みは、直腸がんでは、腫瘍が大きくなっても感じることがないようです。

腹痛の種類が、がんのできた部位によって異なることに注意しましょう。

 

スポンサーリンク

 

▶︎直腸がん手術方法と入院期間について

 

直腸がんでは鮮やかな血便で気づくことも多い

腹痛というサインが現れにくい直腸がん。

しかし、病気のサインが全く無いわけではありません。

出血です。

がんの表面は血管が豊富です。

組織ももろいため、便が通過する際のちょっとした刺激で出血します。

直腸は肛門に近いため、がんから出血すると、便に血液が付着して出ることも少なくありません。

血液は、鮮やかな赤です。

鮮やかな血便で異常に気づく人は、少なくありません。

ただし、痔の人は、痔と誤解してしまうこともあります。

痔との違いは、残便感です。

痔では残便感はありませんが、結腸がんではしばしば残便感に悩まされるようです。

直腸の内腔が、がんで狭くなると、便が細くなります。

細くなった便をしっかり排泄した後も、肛門近くに出来た腫瘍が刺激となって、便が排泄しきれていないという感じを起こすようになります。

腫瘍を残便と誤認するのです。そのため、便意があるのに出ないという不快な状態に陥ります。

直腸がんでは、強い便意と下痢が特徴とされています。

50代以上になって残便感に悩まされ、便に鮮やかな色の血が付着することがあるようなら、直腸がんかもしれません。

早期に治療をすれば根治率が高い病気です。病院できちんと検査を受けましょう。

 

▶︎上行結腸がんの原因や症状は?術後の合併症について!

 - 直腸がん


スポンサーリンク




↓ ↓ ↓

今すぐ癌を早期発見する

  関連記事

intestine
直腸がん手術方法と入院期間について

ここ近年、直腸がんにより亡くなる方が増えています。 痛みなどの症状が無いため、な …