小腸の病気について学ぼう

小腸腫瘍・腸重積・腸閉塞・吸収不良症候群・クローン病

*

直腸ポリープの症状や原因は?腫瘍を切除後に出血が起こる?

   

スポンサーリンク

腸に問題を抱える人は多いと言われています。

中年期には必ず定期健診を受ける方が良いと勧められています。

気軽に検診に行って、ポリープが見つかるケースも意外と多いようです。

ポリープが見つかってしまったら、がんへと進行しないように切除という形になります。

腸のポリープは、出来る場所により呼び名が変わってきますが、その中でも直腸ポリープというのをご存知でしょうか?

腸のポリープは放っておくと大変な深刻な状態になります。

症状や原因、術後の問題などを知識として入れておくと安心できると思います。

polyp

直腸ポリープの症状とは?

直腸ポリープが小さい段階では症状はほとんどありません。

大きなポリープになると排便時に違和感が起きたりすることがありますが、この症状では便秘と間違えやすいので判断が難しいです。

直腸ポリープががんへと進化すると、便に血が混じるようなことが発生します。

しかし、少量である場合は肉眼で確認しずらいので見落としがちです。

がんが進行状態にある場合は検便検査で発見されます。

▶︎直腸ポリープとは?症状は痔と間違いやすい?

直腸ポリープの原因とは?

直腸ポリープになる原因はストレスなど色々な可能性が指摘されていますが、動物性脂肪の過剰摂取やタンパク質との関係がしてきされていますが、原因自体は現段階では確立されていません。

スポンサーリンク

腫瘍を切除したら出血は起こってしまうのか?

直腸ポリープも他の腸のポリープ同様、内視鏡を用いてワイヤーのようなものでポリープに輪を掛けて電流を流して焼いて切除します。

その際に傷口を縫うことが出来ないために、出血はどうしても避けられません。

しかし、近年、切除後にクリップを使用する事でかなりの出血量が減ります。

このクリップは自然に排出されるものなので安心です。

場所が場所だけに術後のケアは大事になります。

血圧が上がるような行為は禁物です。

運動や飲酒などは長時間の入浴など控え安静にすることが大事です。

大腸の病気は自覚症状が少ないために非常に怖い病気です。

定期的に検診を心がけましょう。

▶︎直腸ポリープ良性と悪性の判断は大きさ?早期発見のポイントは?

 - 直腸ポリープ


スポンサーリンク




↓ ↓ ↓

今すぐ癌を早期発見する

  関連記事

zi
直腸ポリープとは?症状は痔と間違いやすい?

スポンサーリンク 直腸は肛門のすぐ上にある器官です。 腸の一部ではあるのですが、 …

polyp
直腸ポリープ良性と悪性の判断は大きさ?早期発見のポイントは?

スポンサーリンク 直腸ポリープは初期症状がほとんどなく、早期発見が難しい病気のひ …