小腸の病気について学ぼう

小腸腫瘍・腸重積・腸閉塞・吸収不良症候群・クローン病

*

直腸脱手術の費用はいくらかかる?

   

直腸脱についての症状

 

スポンサーリンク

 

まず、直腸脱とは比較的、小児、30~50代男性、高齢の女性に多く見られる病気です。

肛門から直腸粘膜、または直腸壁が脱出し、元に戻らない状態のことをいいます。

排便後にティッシュペーパーで拭くとき、普段平べったい肛門から、何か飛び出しているなどの感触があった場合がそうです。

その脱出が2~3㎝ならば、指で押し戻したりして一時的な対処ができますが、重症になると10~20㎝以上になり、押し戻すことは大変困難です。

それに伴い、分泌物の増加や、便失禁を引き起こします。

外痔核と間違えやすく、外痔核は皮膚の表面にできるもの(イボ)に対し、直腸脱は腸の粘膜の脱出というように、単純に見た目から違っています。

原因は長時間のいきみや、骨盤を支える筋肉の緩み、肛門括約筋緩み、直腸があるべき位置に固定されていない状態などです。

 

stethoscope

 

▶︎潰瘍性大腸炎の原因はストレスそれとも牛乳なのか?

直腸脱の治療法について

 

スポンサーリンク

 

子供は習慣の見直しや食べ物の工夫で、正しい排便習慣をつけることで、ほとんどが完治します。

しかし大人となると、手術することが多いです。

大の大人でも、腸が出ているなんて考えるだけでも怖いし、パニックになるでしょう。

一刻も早くこの症状とおさらばしたい!そう考えるはずです。

しかし、なんといっても恥ずかしさが先立ちますし、手術と聞くと病気の次に心配なのは費用のことですよね。

入院日数は?保険は適用されるのか。恥ずかしいうえに、手術費用もかかるとなれば自然と足が遠のきますよね。

症状により、保険が適応されるものとされないものがあるようです。

軽いうちに対応すれば、日帰り手術で済み、保険が適応され、一万円もかからない場合もあるようです。

入院が長引いて10日以上のなった場合も3割負担で済むようですが、大体、10万前後で大きな出費となるでしょう。

これは早めの対応をとった方がいいですね。恥ずかしいとか考えていては損です!通院などでも費用がかさみます。

ちょっとでも異変に気づいたら、早めに肛門科など受診し、医師に相談しましょうね。

▶︎十二指腸潰瘍の初期症状は背中の痛み!手術後は下痢便と発熱が続く?

 - 直腸脱


スポンサーリンク




↓ ↓ ↓

今すぐ癌を早期発見する

  関連記事

intestine
幼児や子供の直腸脱治療の手術後の症状は?

日常生活に支障を来すだけでなく、病気に罹ったこと自体が恥ずかしさを感じさせる病気 …