小腸の病気について学ぼう

小腸腫瘍・腸重積・腸閉塞・吸収不良症候群・クローン病

*

下行結腸癌の症状は?手術後の5年生存率はどのくらい?

   

かつては先進国の病気とされていた大腸癌。

近年は、日本でも患者数が急速に増えています。

増加傾向が著しい癌が大腸癌です。

大腸癌は、消化器に発生する癌の中では比較的予後が良いとされていますが、手術後の5年生存率はどのくらいでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

大腸癌は右と左で自覚症状の出方が異なる!

intestine

一口に大腸癌と言っても、癌が大腸のどこに出来たかによって、症状の現れ方は、かなり違います。

一般に言われているのは、右側にできた大腸癌は自覚症状が現れにくく、左側にできた大腸癌は症状が現れやすいということです。

右と左で自覚症状が異なるのが、大腸癌だと言われています。

大腸癌の主な症状は2種類です。

1つは下血、血便、貧血と、出血に関係する症状です。

癌の進行によって形成された潰瘍病変からの出血によって起こる症状です。

もう1つは、便の通過障害に伴う症状です。

便秘、下痢、腹痛、腸閉塞などの症状が現れます。

癌が大きくなるにつれ、腸管の内側が狭くなるために引き起こされる症状です。

この2通りの症状のいずれも現れにくいのが、大腸の右側にあたる上行結腸や横行結腸にできた癌です。

上行結腸や横行結腸は、小腸に近く、肛門までの距離が長いため、出血しても、ヘモグロビンが腸の中で分解されてしまい、血便がどうかが分からなくなります。

また、上行結腸や横行結腸では、便がまだ柔らかいため、腸管が狭くなっていても腹痛を起こしにくいと言えます。

しかし、大腸の左側にあたる下行結腸に癌ができると、便はすでに固くなっているため、腸管が狭くなっていれば、腹痛や便秘が起こります。

また、腸管の内部が完全に塞がってしまう腸閉塞を引き起こすこともあります。

下行結腸は、肛門に近いので、血液や粘膜が混ざった便が出たり、下血が見られたりします。

スポンサーリンク

▶︎横行結腸がんの症状と手術後の生存率について!

 

手術後の5年生存率はどのくらい?

大腸癌は、手術で癌を完全に取りきることができれば、根治が期待できると言われています。

そこで、大腸癌は、消化器に発生する癌の中では、比較的予後が良いとされています。

ステージ1で手術を行い、きれいに癌を切除できた場合、5年生存率は90%くらいです。

ステージ2では、80%。

しかし、ステージ3になると、ステージ3Aで60~70%、ステージ3Bでは50~60%になります。

ステージ4では、5年生存率は10%にまで落ち込みます。

再発や転移の可能性が高くなるのに伴い、5年生存率は低くなります。

そのため、手術後は、5年をめどに経過観察が行われます。

再発を早期に発見して治療するために、腫瘍マーカー、超音波検査、CT検査、内視鏡検査などを定期的に行うことになります。

手術で取りきることが難しい大腸癌の治療には、主に抗がん剤治療が行われます。

ただし、十分な効果が得られていないケースが、少なくないとされています。

そのため、副作用が強く、生活の質が著しく低下してしまう場合には、患者の不利益を少なくするために、抗がん剤治療を中断する必要もあるとする医療従事者もいます。

▶︎S字結腸癌の初期症状と治療予後の生存率について

 - 結腸がん


スポンサーリンク




↓ ↓ ↓

今すぐ癌を早期発見する

  関連記事

Man with stomachache and headache
上行結腸がんの原因や症状は?術後の合併症について!

上行結腸がんの特徴とは? 大腸がんは大腸のどこにがん細胞ができるかで分類されてい …

intestine
横行結腸がんの症状と手術後の生存率について!

横行結腸がんの症状と特徴

Young woman sitting on the bed with pain in stomach
S字結腸癌の初期症状と治療予後の生存率について

S字結腸がんの基本知識  

cancer
S字結腸癌の手術時間はどの位?

食生活の欧米化が進むにつれて、日本でも患者が増えている大腸癌。 大腸癌は、50~ …