小腸の病気について学ぼう

小腸腫瘍・腸重積・腸閉塞・吸収不良症候群・クローン病

*

横行結腸がんの症状と手術後の生存率について!

   

intestine

横行結腸がんの症状と特徴

スポンサーリンク

 

横行結腸がんは大腸がんの一種です。

小腸からつながる部分を上行結腸といい、そこから横に伸びる部分を横行結腸と言います。

この横行結腸にがん細胞ができている状態を横行結腸がんと分類しています。

大腸がんの一種ですから、主な症状としては血便、下血、残便感、下痢・便秘、腹痛といったものになります。

大腸がんの症状の多くは自覚症状がほとんどないといわれます。

その中でもわかりやすいのが血便と下血なのですが、横行結腸は大腸の中でも比較的奥のほうになるので、出血があっても便ができるときに完全に混ざり合ってしまい、見た目ではわからないことが少なくありません。

大腸がんにかかわらず、がん治療では早期発見早期治療が求められますが、このような理由で横行結腸がんの発見は遅れる傾向にあります。

横行結腸がんを早期に発見するためには、定期的に便潜血検査をはじめとしたがん検診を受けることが必要です。

 

スポンサーリンク

▶︎上行結腸がんの原因や症状は?術後の合併症について!

 

手術後の5年生存率は?

大腸がんは手術療法が効果的とされていて、早期に治療を施せば根治も可能です。

横行結腸がんも例外ではありません。

大腸がんではがんの進行度によって手術後の生存率が異なっていて、ステージが早ければ早いほど生存率は高くなります。

ステージ0~1は大腸がんの病巣も小さく、内視鏡手術ですむことも多いです。

そのため、患者にかかる手術の負担も少なく、術後の5年生存率も90%以上になっています。

ステージ2~3になると、がん細胞がリンパ節に転移しているため、転移していると考えられるリンパ節も同時に切除します。

開腹手術も多くなりますが、がん細胞の状態によっては腹腔鏡手術を行えることも少なくありません。

生存率はステージ2では80%程度ですが、ステージ3になると65%まで下がります。

ステージ4ではほかの臓器に転移しており、転移の状態によっては根治が難しくなります。

そのため5年生存率も13%程度まで落ちることになります。

 

▶︎大腸がんの初期と末期の症状は?腹痛や腰痛・下痢も!ガスが溜まる原因は?

 - 結腸がん


スポンサーリンク




↓ ↓ ↓

今すぐ癌を早期発見する

  関連記事

intestine
下行結腸癌の症状は?手術後の5年生存率はどのくらい?

かつては先進国の病気とされていた大腸癌。 近年は、日本でも患者数が急速に増えてい …

Man with stomachache and headache
上行結腸がんの原因や症状は?術後の合併症について!

上行結腸がんの特徴とは? 大腸がんは大腸のどこにがん細胞ができるかで分類されてい …

cancer
S字結腸癌の手術時間はどの位?

食生活の欧米化が進むにつれて、日本でも患者が増えている大腸癌。 大腸癌は、50~ …

Young woman sitting on the bed with pain in stomach
S字結腸癌の初期症状と治療予後の生存率について

S字結腸がんの基本知識