小腸の病気について学ぼう

小腸腫瘍・腸重積・腸閉塞・吸収不良症候群・クローン病

*

癌を予防するには腸内フローラが重要な理由は×××だから!?

   

flora

今の時代になっても亡くなる原因の第1位は「癌」です。

近年、医学は様々な進歩を遂げています。癌に良い食べ物もたくさん分かって来ています。

しかし、癌予防に関してはまだ確立し切れていません。

しかし最近になり、腸内環境の状態こそが「癌」に対して関わりがあると分かりました。

「腸内フローラ」と言う言葉をよく耳にするようになったと思いますが、この「腸内フローラ」が癌予防に大変に重要な存在であるようです。

果たして、「腸内フローラ」と癌の関係性は何なんでしょうか?

スポンサーリンク

腸内フローラとは?

「腸内フローラ」とは腸内にある細菌たちが群れを成してグループ化されていることを意味します。

腸内には約1000兆個の細菌が存在しています。

重さにすると二キロ弱あるそうです。

これら細菌が善玉菌と悪玉菌となって、腸のバランスが出来上がっています

▶︎腸内フローラの効果的な増やし方は食事とエサ!?オススメの食材やレシピは?

腸内フローラが癌予防に繋がる?

では、「腸内フローラ」がなぜ癌予防になるのでしょうか?

その理由は、「腸内細菌の状態が癌にになるかの影響を与える」と言うことです。

近年、腸の研究が凄まじく飛躍しています。

そして分かったことが物凄く豊富にあるのです。

その中で、腸内環境が免疫機能に影響を与えているという事実です。

腸内細菌の状態が悪い場合は、癌や心臓病、脳の重大な病気など、様々なリスクが跳ね上がることが分かっています。

「腸内フローラ」の状態が悪いと癌になるリスクが上がり、逆に「腸内フローラ」の状態が良いと癌予防になると言うことです。

スポンサーリンク

▶︎大腸ポリープ切除後の食事でパンやヨーグルト・バナナ・プリンは食べて良い?

腸内フローラを意識してよい状態にしましょう

腸内環境に影響を与えるもので厄介なのが、「ストレス」です。

近年ストレスが様々な病気を招くことは分かって来ていますが、腸内にも影響を与えると言うのです。

そして腸内環境を悪くして、免疫機能などの腸がつかさどっている様々な機能が低下し、癌などの大病リスクが跳ね上がるのです。

腸内環境を良くする治療も確立されて来ています。

気になる方は、1度自分の腸内細菌を調べてみてはいかがでしょうか?

▶︎大腸ポリープ切除後の食事でアルコール飲酒・コーヒー・チョコレートは禁止!?

 - 腸内フローラ


スポンサーリンク




↓ ↓ ↓

今すぐ癌を早期発見する

  関連記事

colon
腸内フローラとは?自宅でもできる検査とは?

スポンサーリンク 近頃、腸内フローラという言葉を良く聞くようになったと思いません …

flora
腸内細菌が少ないと一体どのような症状が起こるのか?

スポンサーリンク 近年、テレビや雑誌などで腸の特集を見ることが多いと思いませんで …

flora
腸内フローラの効果的な増やし方は食事とエサ!?オススメの食材やレシピは?

最近、注目を集めている「腸内フローラ」をご存知ですか。 腸内フローラにはどんな効 …