小腸の病気について学ぼう

小腸腫瘍・腸重積・腸閉塞・吸収不良症候群・クローン病

*

逆流性食道炎の原因はストレスや便秘?ピロリ菌との関係は?

   

スポンサーリンク

ここ近年「逆流性食道炎」という言葉が多く使われるようになりました。

それだけ患者数が近年増加し、現代病の1つになった為なのかもしれません。

「逆流性食道炎」はそのままにしておくと体に様々な影響を及ぼしてしまうために、きちんとした治療が必要です。

「逆流性食道炎」の原因はストレスや便秘などの原因と言われていたりします。

そして、近年ピロリ菌との関係性も指摘されています。

はたして、それらは本当なのでしょうか?

pirori

逆流性食道炎の原因とは?

逆流性食道炎の主な原因とされているのは、加齢に伴う体内変化や食事の内容などが主な原因とされていますが、近年ではストレスや、ピロリ菌の影響で発症することも分かっています。

ストレスを多く抱えると、胃腸系へのダメージを起こし、結果的に逆流性食道炎を引き起こしやすくします。

そして、ピロリ菌は昔までは胃の中の酸性により、ピロリ菌は死滅してしまうために存在が維持できないだろうとされてきました。

しかし、ピロリ菌事態が胃酸を中和させてとどまることが最近分かり、定説はひっくり返りました。

これが発見されてから、胃潰瘍や胃炎など逆流性食道炎も含めて、ピロリ菌が深く関わっている場合があるという見解になっています。

そして便秘なども実は逆流性食道炎になる原因でもあります。

便秘によってお腹が晴れてくると胃腸が圧迫されてしまうので、食道への逆流リスクが高まってしまうのです。

スポンサーリンク

▶︎逆流性食道炎の症状をチェック!咳や痰が絡み背中が痛いと要注意?

逆流性食道炎の原因でも有るピロリ菌は悪者か?

実は近年、このような見解もあります。

ピロリ菌が体内保有されている人は、アレルギーなどの患者が少ないと発表されたのです。

ピロリ菌は胃の中でも、強烈な胃酸を中和してしまう性質が有ることが分かっています。

これらが食道などを強烈な胃酸から守っているのではないかと言うのです。

まだまだなぞが多いピロリ菌ですが、決して一概に悪者扱いすることも無いのかもしれません。

大事なのは、ピロリ菌などがストレスと合わさった時に起こる現象です。

ですので生活環境など日々のストレスをうまくコントロールする事、そして食生活を気をつける事で予防できるでしょう。

▶︎坂本龍一の中咽頭がんは完治したのか?治療後の生存率は?

 - 食道炎


スポンサーリンク




↓ ↓ ↓

今すぐ癌を早期発見する

  関連記事