小腸の病気について学ぼう

小腸腫瘍・腸重積・腸閉塞・吸収不良症候群・クローン病

*

癌を早期発見する方法!検診を受けると治る確率が××%アップする!

gan

↓ ↓ ↓

今すぐ癌を早期発見する!

 

 

癌は、中年以降、身近な病気になります。

 

たとえば、胃がんは、40歳代から増加して、

50~60歳代がピークです。

 

癌による死亡者は、胃がんでは、年間、約5万人。

 

治療効果を高めるには、早期発見が鍵になります。

 

癌は、早期発見できると、9割が完治すると言われています。

 

早期がんとは、大きさが2cmまでの癌です。

 

癌は、1cmの大きさになるのに10年以上かかります。

 

しかし、1cmを超えると、2cmに成長するまでには、

1~2年程度しか、かかりません。

 

この段階で見つけるには、

自覚症状がない段階で、検診を受けることが大切です。

 

とはいえ、検診を受けるまでの手続きは、なかなか面倒なもの。

 

検診を受けようという気持ちを後押ししてくれる方法が、

最近は、増えてきました。オススメの方法を、3つご紹介します。

 

癌は早期発見で9割が完治する!オススメの癌を早期で発見する方法

icon_rank_e1

人間ドック予約サイト「人間ドックのマーソ」

mrso

↓ ↓ ↓

今すぐ人間ドックを予約する

 

 

人間ドックの予約サイトで、人気が一番高いのが、

「人間ドックのマーソ」

 

掲載施設数は、854施設。

 

同様のサイトでは、

最も多くの施設を掲載しています。

 

施設探しの際に、予算から探すことができます。

 

たとえば、大腸内視鏡検査を保険適用外で受けると、

料金は、2~3万円と開きが出ます。

 

上限と下限を決めて、条件にあった施設を探すことが、

「人間ドックのマーソ」なら、簡単にできます。

 

また、「人間ドックのマーソ」では、不安な症状から探すことも、可能。

 

検診を受けようと思う施設の口コミも分かります。

 

施設やプラン選びに困った時は、

コンシェルジュが電話対応してくれます。利用は、無料です。

 

icon_rank_e2

通常の検診よりも詳細に調べる事が可能な人間ドックのここカラダ

kokoro

 

↓ ↓ ↓

人間ドックのここカラダで調べる

 

 

人間ドックは、通常の検診よりも、詳細に調べることが可能です。

 

どの検査を受けるかを決めたら、どこで受診するか、

施設を探し、仮予約申し込みまでできるのが、

「人間ドックのここカラダ」というサイトです。

 

「人間ドックのここカラダ」は、人間ドックを受けられる施設を、

全国から探すことができます。

 

利用は、無料。

 

全国の人間ドックの予約が多いコースを、

毎週30コース紹介し、コースごとに人気の施設と料金を紹介しています。

 

ちなみに、胃バリウム検査を含む

スタンダード人間ドックの料金の相場は、3万円です。

 

「人間ドックのここカラダ」は、Facebookを利用しており、

新規掲載施設がFacebookで案内されています。

 

icon_rank_e3

自宅で癌をチェックできる健康バスケットの郵送検査

gan

 

↓ ↓ ↓

今すぐ自宅で癌の検査をする

 

不調を特に感じない段階で、癌の可能性があるかどうか、

癌になる可能性が高いかどうかなどを、

チェックしたい人に、オススメの方法が、「健康バスケットの郵送検査」です。

 

「健康バスケットの郵送検査」は、

自宅で検体を採取して、専門の検査機関で調べ、その結果が自宅に郵送されます。

 

最大のメリットは、自宅にいながら、検査ができること。

 

郵送検査は、癌の早期発見に役立つ方法です。

 

検体は、ピロリ菌検査では尿、

胃がんのなりやすさを調べる検査では血液です。

 

採血を自分でできる、簡単な器具が用意されています。

 

費用の一例を挙げると、

胃がんのなりやすさを調べる検査では、4999円です。

 

検査結果は、約10日後に届きます。

 

↓ ↓ ↓

今すぐ癌を早期発見する!

公開日:
最終更新日:2017/03/08